フコイダンの効果

上記で述べたように、昨今の研究結果でフコイダンには様々な効能があると報告されていますが、具体的にどんな効能があるのでしょうか。ここでは、フコイダンの効能について、ご説明します。

まず、免疫力の向上です。動物実験により、フコイダンにはNK細胞などの免疫細胞を活性化させる作用がある事がわかりました。NK細胞は、体内に細菌やウイルスが侵入したり異常細胞が発生した場合、それらを攻撃し、病気の発生や悪化を防いでいます。フコイダンによるNK細胞の活性化で免疫力が高まり、健康体にしてくれるのです。

次に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌の除去です。フコイダンの構成成分の一つである硫酸基は胃中にも存在しており、ピロリ菌は硫酸基を好物としている為、硫酸基に吸い付きそのままピロリ菌を体外へ排出させ胃をピロリ菌から守ってくれるのです。また、カゴメ昆布に含まれるフコイダンは、HGFの産生を誘導する作用があり、肝機能を向上させます。HGFは肝臓細胞の再生やあらゆる器官の組織や上皮細胞の再生をし、肝臓細胞を修復してくれます。

この他にも抗アレルギーや美肌効果など様々な作用があるフコイダンは、康効果が期待できる健康食品として、様々な分野で研究、開発が行われています。